2018年10月31日開催予定

【終了】2018/11/21(水)開催 第17回経営者フォーラム

「小さな器に大きなまごころこめて~130年の歴史に見る事業承継と荻野屋の経営~」

フォーラム概要

講演概略

荻野屋は明治18年に群馬県横川の地に創業し、130年余りの歴史のある会社です。
今では峠の釜めしを看板商品に事業展開していますが、常に順風満帆に経営できたわけではありません。その間、事業承継を繰り返しながら、成長の陰に常に経営危機があり、ピンチをチャンスととらえて、常にチャレンジする姿勢の経営を貫いてきました。
私は荻野屋創業から数えて6代目に当たりますが、事業承継を受けた身として自分自身の経験と、事業承継における人の承継、私自身が感じる130年の歴史から見る必要なことについてお話します。

聞きどころ

・なぜ100年経営を目指すのか?同族会社の後継者と役割
・ピンチをチャンスに変えた130年の歴史
・私の代での新たな取り組みと展望

講師

株式会社荻野屋 代表取締役社長 高見澤 志和氏

<プロフィール>
■ 生年月日 1976 年11月28 日 群馬県生まれ
■ 趣味・特技 スキー 料理 飲食店巡り
■ 学歴
2000 年 3 月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2018 年 3月 慶応義塾大学大学院SDM 研究科修了 SDM学修士
論文テーマ: 日本の同族会社における後継者育成を支援する
プロセスと方法の提案
■ 略歴
2003 年 4 月 株式会社荻野屋 取締役として入社
2012 年4 月 同社代表取締役へ就任(6 代目)
創業150 年へ向け会社全体の企業体質の強化のため経営体制の再構築へ着手
株式会社荻野屋 峠の釜めしを中心に弁当・惣菜・仕出し料理の製造・販売
菓子類等の製造・販売 飲食店の運営 ドライブイン等の観光施設・高速道路SA の運営等

講演情報

日時:2018年11月21日(水)

講 演:16:00〜18:00
懇親会:18:00〜20:00

【会場・アクセス】

会場:HSB鉄炮洲貸会議室 住所:東京都中央区湊1-1-12

JR京葉線「八丁堀」B3出口 徒歩3分 日比谷線「八丁堀」A2出口 徒歩5分

費用

【会員】
講 演:無料
懇親会:6,000円
【一般】
講 演:3,000円

お申し込みフォーム

申し込みはこちら