2019年3月13日更新2019年2月20日公開

【終了しました】2019/2/20(水)開催 第18回経営者フォーラム 「メイドインジャパンが見向きもされない時代に、日本そして世界でどう戦うか?」

フォーラム概要

講演概要

「日本人は、既に茹であがってしまったカエルである。」
シンガポールに移住し5年が経ちますが、世界のビジネスマン達と対峙する中で、強くそう思うようになりました。
皆さんは自社を、そして自国を世界基準という視座の高さから、客観的に俯瞰したことはありますか?
ほとんどの日本人は、自国の経済、そして教育の荒廃に対する危機感が全くないといっても過言ではありません。
そして何よりも、日本人としての誇りが全くもって欠如していると感じます。日本人ほど自国の歴史と素晴らしさを知らない国民はいないでしょう!
しかし実は、これほど世界から必要とされ、世界の発展と平和に貢献できる国は日本の他には存在しないのです。
100年経営を目指す志の高い皆様に、日本人としての誇りと危機感を持ってもらえる内容を包み隠さずお話しさせていただきます。

聞きどころ

・メイドインジャパンの製品が駆逐されている衝撃
・日本はインターネット普及後にGDPが下がった唯一の先進国という事実
・海外進出に失敗した日本企業の共通点
・世界一外国から求められている国民が日本人であるという誉れ
・世界一の歴史の長さを誇る国は日本という喜び

講師

ビンテージアジア経営者クラブ株式会社 代表取締役 安田 哲氏

<プロフィール>
1985 年宮城県生まれ。
北海道大学大学院環境科学院修了。(株)NTT DATA で国家基幹システム開発、(株)絶好調で脳力開発事業に従事。
その後、日本の素晴らしい文化とサービス、技術を世界に伝え日本ファンを増やす ために、日系企業の海外進出支援を開始し独立。一度夫婦でドバイに移住するも失敗し帰国、その後シンガポールへ移住。
2014 年にビンテージアジア経営者クラブ(株)を立ち上げ、地方自治体と中小企業の海外展開伴走型サポートや、海外企業の日本への進出支援コンサルティングを実施。
2018 年は札幌市、気仙沼市、山口県より海外販路開拓業務を受託し、自治体下企業のシンガポールやインドネシアへの販路開拓に成功。 中小企業支援では、東京都の SOKEN MEDICAL 社の磁気治療器サロンを Jurong East に開設し現地新聞に取り上げられ、イタリアのTonino Lamborghini Energy Drink の日本市場開拓も支援。
独立行政法人中小基盤整備機構の平成 30 年度国際化支援アドバイザー、公益財団法人みやぎ産業振興機構の国際化対応専門家として、日本各地で「海外進出失敗事例 100 本ノック」や「海外展示会に出ても販路ができない中小企業のための進出戦略」、「日本人として海外に挑む」などの講演を多数。人は、いつ来るか分からない自然災害と共に生きてきた。
台風の度に作物が壊滅的な被害を受けても、「仕方ない」と切り替える事を、太古の昔から実践してきたのだろう。
そういう環境下では、ある種楽観的でないとやっていられなかったと思う。
今年は、皇紀2679年目の2019年。
しかし時代は変わり、今は激しい競争社会。
「世界の中の日本」という立ち位置を認識しないと、忽ち淘汰される時代。
楽観的で良い部分と、悲観的に対策を練る部分を、冷静に考える必要がある。
日本人の素晴らしさを、日本人が一番気付いていない。
日本の置かれている現状を、日本人が一番楽観視している。
シンガポールに移住したからこそ視える、「海外(そと)から見た日本」という視点で、日本の皆様にメッセージを発信し続ける。
日本を再興するキーワードは、"アジア"にある!!!

講演情報

日時:2019年2月20日(水)

講 演:16:00〜18:00
懇親会:18:00〜20:00

会 費:【会 員】講演会+懇親会:6,000円 講演会のみ:無料
    【一 般】講演会のみ:3,000円
         ☆懇親会は、会員及び会員ご紹介様限定となります。
         ☆会費は当日現金にて徴収させていただきます。

お申し込みはこちら

会場・アクセス

会場:コンワビル 貸会議室
住所:東京都中央区築地1-12-22
https://goo.gl/maps/zGGEB5916b32/



日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A2出口 徒歩2分
日比谷線「築地駅」A2出口 徒歩3分

お申込みはこちら