2021年1月24日開催予定

【終了しました】2021/2/25(木)第32回経営者フォーラム「一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に」

フォーラム概要

講演概要

農家の4代目として、父が片手間に営む養豚業を弟と共に法人化。弟が生産、自分がプロデューサーとしてブランド化を実現。農業ブームの火付け役と言われた「NPO法人農家のこせがれネットワーク」の活動と共に、今では日本一メディアに取りあげられる農家に。
後を継ぐ気のなかった家業(農家)をなぜ継いだのか。みやじ豚のちょっと変わったビジネスモデルはどのような経緯で誕生したのか。特産品としての地位を確立するマーケティング&ブランディングの考え方とは。なぜ農家の事業承継はうまくいかないのか。
そして、今年で活動4年目を迎える「家業イノベーション・ラボ」について。昨年発行した家業イノベーション・ラボ白書はどなたでも無料でダウンロードが可能となっています。
是非、今回の講演会と合わせて楽しんでください。

講師

宮治 勇輔氏
株式会社みやじ豚 代表取締役社長
NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事
家業イノベーション・ラボ 実行委員

<プロフィール>
1978年、湘南地域の小さな養豚農家の長男としてこの世に生を受ける。
2001年、慶應義塾大学総合政策学部卒業後、株式会社パソナに入社。
営業・企画・新規プロジェクトの立ち上げ、大阪勤務などを経て2005年6月に退職。
実家の養豚業を継ぎ、2006年9月に株式会社みやじ豚を設立し、代表取締役に就任。
生産は弟、自身はプロデュースを担当し、独自のバーベキューマーケティングにより2年で神奈川県のトップブランドに押し上げる。みやじ豚は2008年農林水産大臣賞受賞。
みやじ豚は順調に推移するも規模拡大をよしとせず、日本の農業の現状に強い危機意識を持ち、都心で働く農家のこせがれの帰農支援を目的に、2009年にNPO法人農家のこせがれネットワークを設立。
2010年、地域づくり総務大臣表彰個人表彰を受賞。2015年より丸2年間、農業の事業承継を研究する、農家のファミリービジネス研究会を主宰。JA全農と『事業承継ブック』を制作し、全国のJAを通じて1万3千部を配布。事業承継の研究と実践を推進するべく、2017年より家業イノベーション・ラボを立ち上げる。現在は、事業承継をテーマに、農業界限らず中小企業の経営者及び後継者向けに講演及びセミナーを行う。全国47都道府県で農業経営及び地方創生における数百回の講演実績あり。
DIAMOND・ハーバード・ビジネス・レビュー「未来を創るU-40経営者20名」。著書に『湘南の風に吹かれて豚を売る』

☆お申し込みはこちらから☆

詳細

【基本情報】
日時:2021年2月25日(木)14:45 受付  15:00開演
場所:オンライン(Zoom)にて開催
料金:無料
定員:100名
参加対象者:100年経営企業家倶楽部会員・会員紹介のゲストの経営者及び経営幹部の方
主催:100年経営企業家倶楽部

☆お申し込みはこちらから☆

会場アクセス

会   場:Zoom会議室